行った国で一番好き!

 

こんにちは!

いよいよ10ヶ国目です。

 

嬉しい事に、

幸福度ランキング41位は、

大好きな

リトアニア共和国

Republic of Lithuania

 

行ったことのある国、2ヶ国目☆

それもまた20数年前。笑

 

photo by Pixabay(Tomas Ratkevicius)

 

今は開発されているかも知れませんが、

当時は、こじんまりとした穏やかな雰囲気が

居心地良く、キレイな街並みと

森の中の澄んだ空気で大好きになりました。

 

photo by Pixabay(Skaiste Vanceviciutes)

 

バルト海に面した

「バルト三国」のひとつです。

上からエストニア・ラトビア・リトアニア。

バルト三国では、リトアニアが一番大きい。

 

国はこんな形。

面積について’Wikipedia’では、こんな風に紹介されています。

 

日本の九州本島と四国島に

山口県と島根県を合わせた面積にほぼ相当する」 

 

こういうことですね。

 

 

国旗は、コチラ☆

 

黄色は太陽と繁栄

緑は自然と自由

赤は国民の地と国土

 

リトアニアの歴史は古い。

紀元前2000年ごろからバルト族の定住がはじまっている。

 

photo by Pixabay(vietnam-It)

 

第一次世界大戦後、1918年、

リトアニア共和国としてロシア帝国より独立したものの、

1940年にソビエト連邦から、

翌年には、ナチス・ドイツからも侵略された。

 

その後、ソ連に再占領され

「リトアニア・ソビエト社会主義共和国」

となっていたが、

ソ連崩壊にともない、

1991年に、独立を回復!

 

photo by Pixabay(Peggy und Marco Lachmann-Anke)

 

私自身は、そのころ11歳。

スーパーファミコンにはまっていた。

いかに安全な国で育ったのかを感じる。

 

そして、私がリトアニアを訪れたのは、

1998年、独立後間もない国だったのだ。

 

photo by Pixabay(leonid927) 

 

その後、2004年にEUに加盟。

この時、国民投票が行われ賛成90%を超え、

加盟が決まったそう。

 

当時は、リトアニアの通貨リタスが使われていたが、

現在、2015年からはユーロへ切り替えられた。

 

1997年発行のコインが家にありました!

 

 

歴史の流れを感じます。

 

 

首都は、『ヴィリニュス

バルト三国の首都で唯一海に面していない。

 

旧市街は「ヴィリニュス歴史地区」として、

1994年に世界文化遺産に登録されている。 

 

photo by Pixabay(Luigi Crosti)

 

400年以上前の古い街並みが残る旧市街。

大きさは、3.6平方キロメートルと、

欧州内でも最大級であり、東欧最大!

建築物は、多様な教会建築を中心に約1,500も存在する。

 

photo by Pixabay(dmvl)

 

中でも特に美しいと言われている

聖アンナ教会

 

 

この写真、20年前に撮った写真。

恐らく、聖アンナ教会ではないかと。

 

photo by Misako 1998

 

そして、第2の都市として知られている

カウナス

 

photo by Pixabay(Makalu)

 

「日本のシンドラー」と呼ばれた外交官☆

杉原千畝がいた日本領事館がある場所。

今は記念館になっています。

 

photo by Wikipedia

 

命のビザ”を発行した人。

第二次世界大戦中、リトアニアに逃げてきたユダヤ人を助けるため、

外務省からの訓令に反して、

独断で、日本への通行許可を発給していた。

日本では唯一「諸国民の中の正義の人」として、

イスラエルから表彰を受けている!


難民の入国経路の資料から、

山口県下関港・福井県敦賀港からの入国だったと

憶測されている。

 

photo by Pixabay(Koji Asakawa)

 

地元山口県とリトアニアに接点があった事にビックリ!

 

2015年公開された唐沢寿明さん主演。

映画“杉原千畝 スギハラチウネ”

現地カウナスでワールドプレミアが行われ、

上映後には、スタンディングオベーションが起きたと。

 

(C)2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会

 

唐沢さんファンとして嬉しかったのと、

この映画の広告を見た時、

久しぶりにリトアニアを思い出しました。

お時間ある方は、是非!

 

そして、訪れた場所で一番好きになった場所。

 

『トラカイ城』

 

photo by Pixabay(Wolfgang Eckert)

 

離れたところから見ると湖に浮かんでいるように見える城。

実際には、ガルヴェ湖上に浮かぶ島の上に建てられており、

橋を渡って、入ることができる。

戦争中に大きな被害を受け、現在は再建されたもの。

 

photo by Pixabay(Minzy)

 

自然の中にポツリとあるこじんまりとした古城。

言葉で言い表しにくいけど、すごく好きな雰囲気でした。

 

そして、自然がつくりだした

クルシュー砂州

 

photo by Pixabay(zoosnow)

 

海岸に98kmに続く砂浜

 

2000年に世界遺産に登録。

 

全長98kmのうち、北の52kmがリトアニア領に属し、

残りがロシアの飛び地、カリーニングラードに属している。

 

photo by Pixabay(anvelru)

 

リトアニアの端には、”ニダ”という街がある。

 

 

砂州はリトアニア本土とは繋がっておらず、

砂州にあるスミルティネと本土のクライペダを結ぶ

カーフェリーが運航している。 

 

photo by Wikipedia

 

リトアニアのバルト海沿岸は、琥珀が取れることでも有名。

バルティック・アンバーと呼ばれ、

神秘のパワーを持つ琥珀とされています。

 

photo by Pixabay(PublicDomainPictures)

 

琥珀と言えば、アクセサリー☆というイメージですが、

ウォッカに入れて飲めば、胃やのどの痛みに効果があり、

琥珀の粉は、お香やお茶に使われたり。

 

暖炉や焚火に願い事をしながら琥珀の粉を投げ入れると、

願い事がかなうという言い伝えがあったり♪

北の国らしくて、心がホッコリします。

 

photo by Pixabay( joseclaudioquima)

 

この地域には5500万年ほど前から針葉樹の森があり、

ブナやヤシといった木々が育ち、

それらから流れ出た樹皮が数千万という年月をかけ、

海中で化石となり、様々な色が出来上がっているそうです。

 

中には昆虫や植物、貝などが入った物もあり、

かなり貴重とされていると。

 

photo by Pixabay(zoosnow)

 

私も、当時18歳ながら母にお土産として

買って帰った記憶があります。

きっと実家に眠っているはず。笑

 

photo by Pixabay(Jacek Abramowicz)

 

最後に紹介するのは、

リトアニア最大の巡礼地

十字架の丘

 

photo by Pixabay(Travelmoments)

 

正式には不明ですが、丘の上に5万本以上の十字架が!

 

その発祥は不明だか、初めてここに十字架が建てられたのは1831年頃、

他国からの侵略を受け続けていたリトアニア人が祈りを捧げようと集まり、

十字架やキリスト像などを持ち寄ったのがはじまりではないかと考えられています。

 

photo by Pixabay(Arunas Bruzas)

 

第二次世界大戦が始まると、

リトアニアは1944年にソ連に併合されたが、

その間も、丘に行って十字架を捧げることが、

リトアニア人たちの宗教や遺産への忠誠心を示すこととなり、

ソ連への抵抗でもあった。

 

photo by Pixabay(Iva Silvestro)

 

十字架の存在を知ったソ連は、

3度にわたりブルドーザーで十字架をなぎ倒し撤去した

が、

再び新しい十字架が建てつづけられてそうです。

 

1993年に教皇ヨハネ・パウロ2世が

この丘を訪れ、

「希望と平和、愛、そして犠牲者のための場所である」

と述べられたことから、

全世界のカトリック教徒にとっての巡礼地となっている。

 

photo by Pixabay(Hans Rohmann)

 

2001年、

リトアニアの十字架の手工芸とその象徴

のひとつとして、世界無形文化遺産登録。

 

この丘は、現在もいずれの管轄にも属していないため、

自由に出入りすることができ、

観光客も自由に十字架を建てることができる。

 

photo by Pixabay(Hans Rohmann)

 

前回は行きそびれた為、

次にリトアニアに行くときには、

必ず訪れたい場所のひとつ☆

 

photo by Pixabay(skaistyte) 

 

リトアニアには、4000以上の湖と森林がある。大自然に囲まれた素敵な国。

今日は、名所についての紹介が多くなりました。

 

先日、本業?占星術から創るオリジナルの旅☆

星空旅で、

琥珀の道をめぐる旅”をつくりました!

 

 

次は、なぜ私はリトアニアへ行ったのか?!

そんな話を少し書いてみようと思います♪

 

photo by Pixabay(Weekend O'Clock)

 

最後まで、読んでくれてありがとう!

Aciu / アチュー !

 

 

 

 

コメント