神様が決めた日☆

 

みなさま、こんにちは!

 

七夕と言えば、

 

もちろん!

 

七月七日☆彡

 

 

 

 

現代の暦太陽暦では、7月7日が七夕とされ、

 

日本中で『織姫と彦星が逢えますように☆』と、

 

願う人々が多いですが、

 

梅雨真っ盛りで、なかなかお天気に恵まれません。

 

神様が決めた

 

一年に一度二人が逢える日”なのに・・・

 

地球から見ると雨ばっかり〜( ;∀;)

 

 

 

それもそのはず、

 

昔は月の動きをもとにした

 

太陰太陽暦が活用されており、

 

現代の太陽暦とは一カ月の差があります。

 

現代の七夕から約一カ月(年により差があり)遅れた時期が、

 

旧暦七月七日(伝統的七夕)

 

今年は、今日

 

2020年8月25日。

 

 

その日は、月齢およそ6

 

船のような形の月南西の夜空に浮かんでいる頃。

 

色紙短冊等を付けた葉竹を

 

屋上にたてていたことが記録に残っているそうです。

 

 

日本でも多くの七夕祭りは8月に開催されています。

 

有名な仙台七夕祭りもですが、

 

私の地元山口でも、

 

8月上旬に「山口ちょうちん祭り」が開催されます。

 

今年は、伝統的お祭りがほとんど中止。

 

来年にはすべてがより良い形で復活することを願います。

 

 

 

伝統的七夕と、

 

呼ばれるようになったのは、、

 

2001年国立天文台から、

 

「新暦7月7日は、梅雨のさなかでなかなか星が見られない。

 

七夕をきっかけに、もっと夜空を楽しんで欲しい。」

 

と、提案されたそうです。

 

是非、今夜も夜空を楽しんでくださいね♪

 

ここ数日、早い時間は綺麗に三日月みえますよ。

 

 

 

今の夜空と言えば!

 

20年に一度

 

木星と土星が接近中。

 

 

いつの時代も、

 

夜見上げる星々の世界を地上におろしてきたのが、

 

占星術

 

占星術の世界では、

 

この20年に一度の接近を

 

グレートコンジャンクション

 

と呼んでいます。

 

 

 

夜空に瞬く星の数は数え切れず、

 

わからないことだらけの宇宙にはロマンが広がります。

 

 

そんな星たちの中には、

 

季節ごとに移動はするものの配置が一定の星々

 

 

『落ち着かず場所を変化させる天体』

 

とがあります。

 

 

配置が一定というのは

 

空に見える星座の数々。

 

 

季節ごとに見える位置・角度が決まっていたり、

 

オリオン座や北斗七星などを中心に、

 

ほかの星座の位置が特定出来たりもするように、

 

見える位置は変わるものの配置は変わりません。

 

 

 

 

安定している星に比べ、変化をしていく星。

 

それは、

 

太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星

 

一週間の七曜の名を持つ星々。

 

 

変化をするといっても、

 

グチャグチャに動いているわけでなく、

 

一定の線上(黄道)を動いています。

 

 

 

 

動く周期星によって違うのが特徴。

 

太陽は、365日

 

月は、約30日。

 

火星は、2年くらい。

 

木星12年。土星30年。

 

などなど、

 

星によってまちまちです。

 

 

 

 

これらの周期を踏まえ、

 

月と太陽が約30日に一回重なる日

 

新月

 

とか、

 

いろいろな天体イベントがおきます。

 

これらはすべて、実際に見上げている空で起きている事。

 

 

天文学で先読みされている沢山の天体イベントと同様に、

 

 

占星術の世界では、

 

人生の先読みのツールとして使われます。

 

 

 

先に紹介した7つの惑星。

 

個人のホロスコープにおいては、

 

これらの惑星が何座にあって、

 

どんな並びになるのかを詠むことで、

 

個人の人生の流れや特徴を教えてくれます。

 

 

そして、

 

先程の天体イベント個人のホロスコープ重ねて詠むことで、

 

大きな変化やイベントからどんな影響を受けるのか確認できます。

 

 

 

こう書きながら、

 

実際に自然界・宇宙で起きている星の流れが、

 

そのまま地球にいる私たちの人生の流れに影響するという事は、

 

所詮占いと思えど

 

知っておくほうが良いですね。

 

 

ネットやテレビや書くものがなかった時代でさえ、

 

先人たちは、

 

空を見上げて今を知り、

 

先を詠んでいたかと思うと、

 

改めて占星術を仕事にしていることに胸が高鳴ります(*^^)v

 

 

 

20年に一度!

 

グレートコンジャンクション

 

星好きの皆様の間では、すっかり話題になっているようです。

 

 

昨年12月からピッタリと重なってはいないものの、

 

木星・土星・冥王星

 

という3つの大きな惑星が同じ星座・山羊座に滞在中。

 

これを【トリプルグレートコンジャンクション

 

と読んだりしています。

 

 

 

 

☆12年で一周する『木星』

 

拡大・拡張のラッキースター

 

☆30年で一周する『土星』

 

安定の前に厳しい試練で成長を促す

 

☆250年で一周する『冥王星』

 

死と再生。破壊からの生まれ変わり

 

 

この3つが山羊座の象徴である、

 

社会・組織・名誉・立場などへ

 

大きな影響を与えています。

 

現在進行中で、今年12月中旬まで継続。

 

木星土星が重なるのは20年に一度ですが・・・・

 

冥王星の250年の周期をみると、、

 

今年がいかに珍しい激動の年なのかを証明してくれます。

 

 

 

先に進む・広げる前にちょっと待て!

 

もう一回考えなおそう。一から見直そう。

 

もっとほかのやり方もあるんじゃない?!

 

自分たちで気付けないなら全て破壊する。

 

もっと大切なことを忘れていないかい。

 

 

コロナの影響により、

 

こんな投げかけがずっと続いています。

 

 

そして、

 

2020年12月に木星・土星がピッタリと重なるのは、

 

水瓶座。

 

水瓶座と言えば、革新的

 

壁をつくらず全てに平等。

 

年齢・性別・人種・職業などにとらわれず人々と共鳴でき、

 

社会通念を超えて、未来をつくっていく星☆

 

 

これからは、

 

風(水瓶座)の時代

 

 

社会が開けて、より自由な時代がやってきます。

 

 

私自身、占星術師として活動していますが、

 

多くの人が発信している

 

風の時代への移行や準備

 

というのが全くピンとこずに、

 

不思議な感覚をもちながらここ数カ月を過ごしました。

 

 

コチラが、年末の水瓶座グレートコンジャンクション図。

 

 

 

 

 

先日、同世代の女性の個人鑑定をさせていただいた際、

 

面白いことに気付かせてもらい、

 

改めて検証しました。

 

 

色々なことを生活やお仕事に取り入れられていて、

 

すごく活躍されている女性。

 

星占いなどにとても興味があって沢山のブログを読んでいるのだけど、

 

風の時代っていうキーワードがピンとこないと。

 

今からこうなるであろうと沢山のブログに書かれている生き方を

 

当たり前にずっとしてきたとも、おっしゃっていました。

 

 

ご自身のホロスコープに風の要素が多いのはもちろんですが、

 

 

この方、

 

天秤座(風の星座)トリプルグレートコンジャンクション生まれ。

 

1981年1月のお生まれなので、

 

木星と土星が、天秤座でほぼ重なっています。

 

そしてその横には、冥王星が鎮座

 

 

同じく、私自身も、

 

天秤座トリプルグレートコンジャンクション生まれ。

 

トリプルグレートコンジャンクション生まれというのは、

 

自分のホロスコープ(出生図)に

 

トリプルグレートコンジャンクションを持っているという事です。

 

 

鑑定している時は、そこまで感じていなかったのですが、

 

先日、別の方から今年のグレートコンジャンクションについて

 

解説してほしいとの依頼をいただき、

 

 

 

 

改めて、、、、

 

いやぁ、

 

自分のホロスコープに天秤座(風)のグレートコンジャンクションあるんだけどなぁ。

 

 

人は何故、

 

ここ200年〜250年の間、

 

グレートコンジャンクションは

 

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)でしか起こっていない。

 

約200年ぶりに風の星座でグレートコンジャンクションが起こる。

 

いざ!風の時代へ!

 

っというのだろうか・・・。

 

違和感あるのに調べもしない自分がおかしいんですが。笑

 

 

ってことで、重たい腰を上げて、調べました!

 

 

実は、40年前

 

風の星座・天秤座でグレートコンジャンクションが起きています。

 

正確に日付を出すと、

 

 

1981年1月1日

 

1980年11月から天秤座で接近。

 

1981年1月にグレートコンジャンクション、

 

同3月に逆行でグレートコンジャンクション、

 

最終7月にグレートコンジャンクション。

 

まぁ重なりまくってます。

 

 

なおかつ、この時はグレートコンジャンクションと同じ星座に、

 

冥王星がピタリ。

 

なので、正確にはトリプルグレードコンジャンクション。

 

 

1980年11月〜1981年11月に生まれている人は、

 

もともと風の星座のトリプルグレートコンジャンクション持ち。

 

約200年の地の時代に

 

少しだけ紛れ込んだ風の時代

 

今年40前後の皆さんは特に、

 

地の時代と風の時代のつなぎ役になる人たち。

 

 

 

 

 

この時代に生まれた人たち、自分も含め。笑

 

この人たちがスゴイ!って言いたいんではなく、

 

来年からの200年を予兆する流れが、

 

1980年後半に始まり、

 

そのあと、2020年に地の星座(牡牛座)で

 

グレードコンジャンクションが起きるまでの20年間に、

 

起きていたという訳です。

 

 

私は今年40歳ですが、

 

16歳だった20数年前に、

 

高校でプログラミングを勉強していました。

 

今となっては、

 

小学生でプログラミングを勉強する時代になりましたね。

 

あの頃の経験が今から生かせそうだなと感じています。

 

 

 

 

具体的な一例としては、、

 

黒電話や重たい持ち運び電話

電気の電話機・FAX・コードレス

ポケベル

PHS

折り畳み携帯(ガラケー)

スマホ

 

今も自宅電話がある方は多いと思いますが、

 

スマホ一台でも生きていけるし、

 

世界とつながれる時代にまでなりました。

 

これからはパソコンすらなくてもいい時代になるとか。

 

 

 

200年の中で、グレートコンジャンクションは10回起きます。

 

そのうちのほとんどは、土の星座で起きているけど、

 

全てではない。

 

全てにならなかった、

 

極々小さなひととき

 

ヒントがあるのではないだろうか。

 

 

 

全ての情報を鵜呑みにし、

 

踊らされてはいけない。

 

 

どんな世界にも本物があるのと同時に、

 

残念なことに偽物が存在する。

 

 

何を信じるかは自分次第だけど、

 

自分が感じる違和感を大切に。

 

 

私が本物だ!と言いたいわけではなく、

 

自分がおかしいなと思った事は検証・勉強し、

 

自分が納得したうえで、発信しようと。

 

改めて考えさせられた『グレートコンジャンクション』

 

 

人の言葉を真似するのではなく、

 

しっかり自分で感じ、

 

自分の言葉で伝えていきたい。

 

 

 

 

「うえからおろしてきます」

 

という言葉が、どうもしっくりこない。

 

まぁ言葉は何でもいんだけどね。

 

 

最近、必要な時は、

 

しっかり繋げてもらっていることがわかったので、

 

あとは自分を信じて、

 

自信をもって発信していこうと心に決めた

 

【伝統的七夕の日】

 

 

 

今夜は、

 

織姫様と彦星様が笑顔で対面できそうな天気。

 

是非、夜空を眺めてくださいね。

 

 

鑑定・メルマガ登録・自己紹介は、

 

コチラから♪

 

https://linktr.ee/astromisako

 

 

 

ココからは、

 

今年後半から来年に40歳を迎える皆さん!!

 

もし読んでいただいてたら、

 

あなたの持っている星たちがいよいよ輝きだしますよ☆

 

 

グレートコンジャンクションを持っている世代は、

 

常に自分の中に葛藤があり、

 

今まで当たり前と言われていた世間・世界では

 

生きにくかった人も多いと思います。

 

拡大と制限を同時に味わってきました。

 

これまで葛藤してきた分、

 

これからは思いっきり羽を広げてください。

 

私も、そのうちのひとり。

 

これからの世界を考えて勝手にワクワクしています!

 

どこかでもしお逢いすることが出来たら、

 

是非、声をかけてくださいね(*^▽^*)

 

 

誕生日☆伝えておきます♪

 

私は、

 

1980年12月8日

 

『真珠湾攻撃の日』

 

生まれ。

 

明るい歴史の日ではないけれど、

 

いつか誕生日をパールハーバーで過ごしたいと思っています。

 

 

JUGEMテーマ:人生論

 

コメント